美術品買取り専門店 夏樹美術

千代田区神田神保町すずらん通り内山書店5階
0120-980-043
スマートフォンの方はタップしてください

夏樹美術の「夏樹通信」

夏樹美術の「夏樹通信」

特別展 「上海博物館 中国絵画の至宝」と「京都 洛中洛外図と障壁画の美」

東東京国立博物館東洋館で特別展「上海博物館 中国絵画の至宝」展開催中です。
先日、観に行ってきました。
掛け軸から巻物まで日本の国宝に相当する中国国家指定一級文物絵画が多数来日し、詳しい解説も有り、中国絵画美術を理解するには良い機会だと思います。

上海博物館 中国絵画の至宝 (「上海博物館蔵画」 上海人民美術出版社より)

また、平成館では特別展 「京都 洛中洛外図と障壁画の美」も開催されています。

京都 洛中洛外図と障壁画の美
いつか、中国の「清明上河図」と日本の「洛中洛外図」を同時に展示する特別展覧会が開催されることを願ってやみません。


私ども各分野に精通している美術専門家が古美術・書画掛け軸・骨董・茶道具・洋画・中国美術などについて、無料鑑定・高価買取り及びご相談をお受けいたします。
所在地: 東京都千代田区神田神保町1-15 内山ビル5階 (神田神保町すずらん通り)
お問合せ・お見積りご依頼フォームはこちらから
買取専用フリーダイヤルは 0120-980-043 までお気軽にお電話ください。

2013/11/01
和光‐魯迅 日中友好子ども版画展

10月19日に東京都新宿区四谷のアートプラザランプ坂ギャラリーで開催された、「和光‐魯迅 日中友好子ども版画展」を観に行ってきました。
この展覧会は和光学園創立八〇周年の記念行事の一つとして開催されました。
特に貴重な作品は約八〇年前に和光小学生が中国の文豪魯迅に贈った版画です。

和光‐魯迅 日中友好子ども版画展
これらの版画は北京魯迅博物館の収蔵品で、今回は日本に里帰り展でした。
このことを初めて知り、日本の児童がなぜ魯迅に版画を贈ったかの疑問は会場で現在和光小学校教諭の川上さんから頂いた資料で理解することができました。
簡略では有りますが紹介します。

和光‐魯迅 日中友好子ども版画展
魯迅の親友である上海内山書店主、内山完造の実弟嘉吉が和光学園で美術工芸の教師として、版画創作の指導をしていました。
内山嘉吉が夏休みに上海で兄の完造を通じて魯迅と知り合い、魯迅はかねてから木版画に深い興味を持ち、海外の版画集を出版するなどにとどまらず中国の若手木版画家たちを世に紹介することにも努めました。
このようにして上海で魯迅、嘉吉そして版画家たちが版画の講習会を開くなど交流を深めていきました。

和光‐魯迅 日中友好子ども版画展
内山嘉吉が魯迅に教え子の版画を贈ったことは魯迅と嘉吉が共通の木版画で深い絆で結ばれた象徴であると思いました。
また、魯迅が嘉吉に贈った中国青年木版画家の作品などが現在、内山コレクションとして神奈川県立近代美術館に所蔵されているそうです。

和光‐魯迅 日中友好子ども版画展
また、内山嘉吉は現在私どもの夏樹美術がお世話になっています神田神保町内山書店社長のお父様で有ります。
政治において日中関係がぎくしゃくしている今だからこそ、この展覧会を通じて日本の児童が魯迅に贈った版画を知ることが大事であると感じました。

和光‐魯迅 日中友好子ども版画展
和光‐魯迅 日中友好子ども版画展


私ども各分野に精通している美術専門家が古美術・書画掛け軸・骨董・茶道具・洋画・中国美術などについて、無料鑑定・高価買取り及びご相談をお受けいたします。
所在地: 東京都千代田区神田神保町1-15 内山ビル5階 (神田神保町すずらん通り)
お問合せ・お見積りご依頼フォームはこちらから
買取専用フリーダイヤルは 0120-980-043 までお気軽にお電話ください。

2013/10/24
竹内栖鳳(たけうち せいほう)展を観に…

先週、爽やかな秋晴れの日に、東京国立近代美術館で開催された「近代日本画の巨人 竹内栖鳳」展を観に行ってきました。

竹内栖鳳(たけうち せいほう)展
竹内栖鳳は横山大観とともに第一回文化勲章を受章されました日本画壇の巨匠です。
私が特に印象に残ったのは蘇州風景の作品です。

竹内栖鳳(たけうち せいほう)展
(「風薫双塔寺」図 大正15年作 竹内栖鳳画集より)
小さい時に、この近くで遊んだ記憶がよみがえります。

竹内栖鳳(たけうち せいほう)展
(「南清風光」図 大正15年作 竹内栖鳳画集より)
この辺りは、今や世界文化遺産になっている地域です。
美術商としていつか竹内栖鳳の作品を取り扱うことができればと願っております。


私ども各分野に精通している美術専門家が古美術・書画掛け軸・骨董・茶道具・洋画・中国美術などについて、無料鑑定・高価買取り及びご相談をお受けいたします。
所在地: 東京都千代田区神田神保町1-15 内山ビル5階 (神田神保町すずらん通り)
お問合せ・お見積りご依頼フォームはこちらから
買取専用フリーダイヤルは 0120-980-043 までお気軽にお電話ください。

2013/10/19
絵画の様な風景に…

先日、散歩中に手作業でお米の天日干しを見かけました。
大変な労力を有する作業だと感動しました。
御夫婦の収穫作業を見ていて、洋画家浅井忠の「収穫」という絵画を思い出しました。

お米の天日干し
アメリカ旅行から帰ってきて二週間近くたちました。
初めて訪れたセドナは雨の中、そして赤い岩山は霧のなか、神秘的な場所だと感じました。

セドナの赤い岩山
7、8年ぶりにアーチーズ国立公園のバランス・ロックと再会しました。
相変わらず、落ちそうで落ちない誇らしげにさえ感じられる存在でした。

セドナの赤い岩山


私ども各分野に精通している美術専門家が古美術・書画掛け軸・骨董・茶道具・洋画・中国美術などについて、無料鑑定・高価買取り及びご相談をお受けいたします。
所在地: 東京都千代田区神田神保町1-15 内山ビル5階 (神田神保町すずらん通り)
お問合せ・お見積りご依頼フォームはこちらから
買取専用フリーダイヤルは 0120-980-043 までお気軽にお電話ください。

2013/09/30
永楽善五郎 香合 染付写し ふじ

永楽善五郎 香合 染付写し ふじ
暑い季節ですが、この可愛らしく、優しい感じの「富士」の香合を観ると、少し涼しくなります。
東京都文京区のお客様からお譲りいただいた茶道具のなかに、この小さな永楽善五郎の染付香合がありました。
とても気に入っております。

永楽善五郎 香合 染付写し ふじ
盆休みで知人の家庭菜園でこんなに長いゴウヤを見つけました。思わず長さを測ってしまいました。

永楽善五郎 香合 染付写し ふじ
さらに、百合の花の香にうっとりしたのか、バッタとキリギリスが仲良くユリの葉に張り付いていました。
次回は小さな秋を見つけて皆様にお届けします。


私ども各分野に精通している美術専門家が古美術・書画掛け軸・骨董・茶道具・洋画・中国美術などについて、無料鑑定・高価買取り及びご相談をお受けいたします。
所在地: 東京都千代田区神田神保町1-15 内山ビル5階 (神田神保町すずらん通り)
お問合せ・お見積りご依頼フォームはこちらから
買取専用フリーダイヤルは 0120-980-043 までお気軽にお電話ください。

2013/08/21
日が昇りきらない時の朝ほど気持ちいいものはありません。


蒸し暑い夜が明け、まだ日が昇りきらない時の朝ほど気持ちいいものはありません。
まだ夜の脳が少し残っている状態で、何も考えず庭を見て回って、花を見たりしていると思わず微笑むことがあります。


ノウゼンカズラの花でハチが一生懸命働いていました。さっそくカメラでパチリ。


柿の木を見ますとここにもカエルが。
木の枝に足をしっかりからめてしばし観ていても身じろぎひとつしません。
しかし眼だけはしっかり見開いています。モデルになってもらいました。

こうしているうちに頭はすっかり夜から朝の状態になり、そして今日も頑張ろう、という気になります。


私ども各分野に精通している美術専門家が古美術・書画掛け軸・骨董・茶道具・洋画・中国美術などについて、無料鑑定・高価買取り及びご相談をお受けいたします。
所在地: 東京都千代田区神田神保町1-15 内山ビル5階 (神田神保町すずらん通り)
お問合せ・お見積りご依頼フォームはこちらから
買取専用フリーダイヤルは 0120-980-043 までお気軽にお電話ください。

2013/07/31
「ドラム タオ」と言う太鼓を主としたショーを観に行きました。

「ドラム タオ」
家族と友人で、「ドラム タオ」と言う太鼓を主としたショーを観に行きました。
場所は東京赤坂のTBS本社と隣り合わせにある赤坂BLITZでした。

感想を一言で、と問われれば、興奮した 時間が止まった としか言い表せないようなショーでした。
鍛えられた肉体、極限に達したのではないか、と思わせる若者のパフォーマンスは、大げさに言えば日本人として誇らしさえ感じるほどの感動でした。

一流には一流がつくもので、衣裳デザイナーがコシノジュンコさんです。
白と黒を基調にしたデザインは素晴らしい、それ以外言葉がありませんでした。

このグループは大分を本居地として、世界20か国を回り、550万人の観客動員数を記録しているそうです。「ドラム タオ」は日本語では「鼓の道」という事でしょうか、このグループの座右の銘は「工夫の継続に、才能は宿る」だそうです。

私たち夏樹美術も頑張らなくては、と勇気をいただいたひと時でした。夏樹通信をご覧いただきありがとうございました。


私ども各分野に精通している美術専門家が古美術・書画掛け軸・骨董・茶道具・洋画・中国美術などについて、無料鑑定・高価買取り及びご相談をお受けいたします。
所在地: 東京都千代田区神田神保町1-15 内山ビル5階 (神田神保町すずらん通り)
お問合せ・お見積りご依頼フォームはこちらから
買取専用フリーダイヤルは 0120-980-043 までお気軽にお電話ください。

2013/07/12
高峰秀子/上原謙/松本幸四郎 等々 歌舞伎、映画スターのプロマイド

高峰秀子/上原謙/松本幸四郎 等々 歌舞伎、映画スターのプロマイド
中国に、どんな家にも必ず人には解らないお経があると言うことわざがあるそうです。

お宅の遺品整理に伺いますと、御当主も見た事がない、と言われるような物が出てまいります。
何だろう、と言われます。御当主にも解らない御先祖の「お経」がある、と言う様な事が少なくありません。
たまにですが当時の歌舞伎、映画スターのプロマイドなどが出てきた時など、仕事を忘れて奥さまと見いってしまいます。

お母様が集められたのでしょうかそれともお祖母様でしょうか、半世紀以上経ったそのセピヤ色をしたアルバムは一見してもほとんどだれか判りません。
歌舞伎役者など隈取りやドウランで誰がどなたやら解りませんが、その立ち姿などまるで浮世絵を見ているように美しいですし、昔の映画スターなど、日本人にこんな美形がいたのかと言うほどに気品のある綺麗な顔であります。

高峰秀子/上原謙/松本幸四郎 等々 歌舞伎、映画スターのプロマイド 高峰秀子/上原謙/松本幸四郎 等々 歌舞伎、映画スターのプロマイド
家に持ち帰り再度見ていますと色々な事に気付きます。写真うつりが一番良いのは少し斜め下を向いた格好が一番良いのでしょうか、殆どそうなっています。

そう言えば幕末明治の志士たちの写真も正面を見て写っているのは実に稀で殆ど斜め向きです。
一説には正面で撮ると魂を盗られる、という迷信があったからその名残ではないかとも言われております。
近藤勇の写真は正面です。
魂を盗るなら取ってみろ、と言う凄まじい顔ですし、シャイアン族のジェロニモなど魂を撮られるのが怖くて銃を持ったまま撮った、と言われています。

過去は人を幸せにする福袋の様な気が致します。

高峰秀子/上原謙/松本幸四郎 等々 歌舞伎、映画スターのプロマイド
*写真は左上から 小桜葉子 女優 加山雄三の母/高峰秀子 直筆サイン 女優/
早川雪洲 裏に直筆サイン有り 国際俳優/松本幸四郎 市川羽左衛門 ほか 歌舞伎役者/
昭和初期 映画スター 女優 プロマイド/昭和初期 映画スター プロマイド/上原謙 俳優/
左卜全 俳優


私ども各分野に精通している美術専門家が古美術・書画掛け軸・骨董・茶道具・洋画・中国美術などについて、無料鑑定・高価買取り及びご相談をお受けいたします。
所在地: 東京都千代田区神田神保町1-15 内山ビル5階 (神田神保町すずらん通り)
お問合せ・お見積りご依頼フォームはこちらから
買取専用フリーダイヤルは 0120-980-043 までお気軽にお電話ください。

2013/07/05
天台声明と雅楽、舞楽の共演「心と響きの世界」という公演を観に行きました。

天台声明と雅楽、舞楽の共演「心と響きの世界」
6月29日、天台声明と雅楽、舞楽の共演 題は「心と響きの世界」という公演を観に行きました。
東日本大震災三回忌法要の一環との事で、天台宗の僧侶の方々の天台声明、天理教の方々の雅楽と舞楽の共演は、しばし浮き世を離れた体験でありました。
公演された佐原文化会館(所在地は千葉県香取市佐原)はあの忌わしい3・11大震災を受けた傷跡が至る所に在りました。
お坊様方の声明の調べは、誠に仏様が来迎し、それと語らい、ひれ伏し、お送りするような、得も言われぬ旋律で有りましたし、雅楽、舞楽などはまるで唐の時代の長安で、玄宗皇帝やその妃達が私達と同じ気持ちで観ていたであろうと思えるような舞いでありました。
そしてこの様な公演を拝見しながら、いつも疑問を覚える事ですがなぜ発祥の地が途絶えたこの様な文化が、日本に生き残りえたのかと言う事です。
誠にいにしえの時代から「まじめな民族」であったのでありましょう。
お坊さんが散華しながら入場された時、散じられた華を大急ぎで拾われた人々(圧倒的に女性の方々)を見ながら 楽しいひと時を過ごさせていただいたなあ、と満足感でいっぱいのひと夜でした。
帰り着いて、私のコレクションの仏像や、いつも掛けている好きな掛け軸を眺めて、又違った見方が出来たのも収穫の一つでありました。


私ども各分野に精通している美術専門家が古美術・書画掛け軸・骨董・茶道具・洋画・中国美術などについて、無料鑑定・高価買取り及びご相談をお受けいたします。
所在地: 東京都千代田区神田神保町1-15 内山ビル5階 (神田神保町すずらん通り)
お問合せ・お見積りご依頼フォームはこちらから
買取専用フリーダイヤルは 0120-980-043 までお気軽にお電話ください。

2013/06/30
新歌舞伎座 こけら落とし公演に行ってきました

新歌舞伎座 こけら落とし公演
この度は、皆様のご協力をいただきまして、ホームページを開設することができました。
有り難うございます。
「逸品紹介」では語りきれない、美術品のこと、買取りのこと、日常のことなどを書いてみようと思っております。

先日、新歌舞伎座の柿葺落公演に行ってまいりました。歌舞伎座が若くなったような気がしました。
藤十郎、吉右衛門、仁左衛門及び玉三郎の熱演に見入ってしましました。

2階に飾ってあった歌舞伎座所蔵岡田三郎助、安田靫彦、上村松園など大家の一流作品も鑑賞して参りました。

新歌舞伎座 こけら落とし公演 歌舞伎座の屋上に移築された黙阿弥の石灯篭と蹲踞


私ども各分野に精通している美術専門家が古美術・書画掛け軸・骨董・茶道具・洋画・中国美術などについて、無料鑑定・高価買取り及びご相談をお受けいたします。
所在地: 東京都千代田区神田神保町1-15 内山ビル5階 (神田神保町すずらん通り)
お問合せ・お見積りご依頼フォームはこちらから
買取専用フリーダイヤルは 0120-980-043 までお気軽にお電話ください。

2013/06/24