文房具(硯・墨・紙・筆・印章等)の買取りについて


夏樹美術では、日本のものはもちろんですが、特に中国の文房具についての知識、取引実績には自信がございます。
多くの実績、ネットワークに裏付けされた買取価格をご提示させていただきます。

文房具には古くより様々な種類がございますが、特に硯、墨、紙、筆の四品が「文房四宝」と呼ばれております。 

篆刻が盛んになった明代の末期頃より、これら文房四宝に石印材が加わりました。

夏樹美術では、日本のものはもちろんですが、
特に中国の文房具についての知識、取引実績には自信がございます。
多くの実績、ネットワークに裏付けされた買取価格をご提示させていただきます。


夏樹美術が買取りをさせていただく文房具の種類には次の様なものがございます

[ 硯 ]

文具の中でも代表格が硯であるといえます。
見た目に美しく価値のある硯は、その材質に負うところが大きく、古い硯の価値が高いのはその歴史によるものというよりも、古いものはより良い硯材が使われている、という事実による所が大きいと言えるでしょう。
唐代末期から始まる硯の歴史の中で、例えば宋代のものは格調高く、明代では優雅、清朝では装飾性に優れたもの、と言ったそれぞれの時代による特徴が見られます。
中国の硯の代表的なものは端渓、歙州、洮河、澄泥等がありますが、特に端渓が多数を占めています。

端渓(たんけい)は広東省の産であり、唐の時代より採取されていました。
時代とともにその質は様変わりし、例えば明代では落ち着いた色調、滑らかな石肌を特徴とするが、宋代になると鮮やかな色彩と文様の美しさが際立ってきます。
端渓の硯材としてのランクは坑により様々に分類されており、中でも「老坑」で産出されたものは最大限の評価が付けられております。

歙州(きゅうしゅう)は安歙省の産で、大きく分けて黒一色のもの(龍尾)と波紋のあるもの(羅紋)の2つに分類できます。
羅紋の硯には時に刷絲、金星、金暈といったたいへん美しい変化を見せる時があります。

洮河(とうが)は陜西省の陜西省の産ですが、山深い渓谷の激流の底で採取されたと言われており、数がたいへん少なく歴史的にも貴重であると言えるでしょう。蘭亭硯と言われる豪華な硯は洮河によるものがほとんどです。

澄泥(ちょうでい)は、石を原料としたとする自然石説と、泥を焼成したとする焼成硯説が存在しますが、現在でもはっきりとした結論は出ていないようです。
古いものには様々な色別がありますが、黄色いものが一番数が多く、その中でも鱔魚黄澄泥と呼ばれるものが最上とされています。

[ 墨 ]

墨の価値は消費材であることを考えると、その質が重要ではあるのですが、趣味としての古墨の価値はその墨面の刻様の美しさが重要となります。
ただし、古墨は使った場合もその美しい墨色は非常に優れた美しさをみせてくれます。
古いものは安徽省産の松烟が良質とされており、李延珪(五代南唐)や朱方初(元)等の著名な作墨者がおりましたが、消費材ゆえほぼ消失しております。
それゆえ現在見る事の出来る古墨は明代以降となっているようです(程君房/方干魯 等)。

[ 紙 ]

世界最古の紙は中国で作られ、紀元前150年頃のものとされております。
六朝(222年 – 589年)の時代に、南紙、北紙と言われるものがありますが、ほぼ現存しておりません。
有名な南唐の澄心堂紙(ちょうしんどうし)は北宋になっても作られ、非常に質の良いものとされています。
北宋では、有名な「宋箋」とよばれる「金粟山蔵経紙(きんぞくざんぞうきょうし)」がつくられました。
元代、明代には様々な場所で製紙場が出来ましたが、良質のものは麻を主材料としております。
その後、美しい紋様が織り込まれた絹が登場し、清朝になると乾隆紙と呼ばれるあでやかなものも登場してまいります。

[ 筆 ]

中秋の兎毫が良質とされておりますが、時代とともに羊毛へと移り変わります。
趣味の対象としての筆は実は筆管にあり、竹や堆朱、陶管、象牙、玉管などが利用されました。

[ 印章 ]

主な石印材の産地は福建の寿山、浙江の青田、昌化等でありますが、その中でも寿山は最も品種が多く産出も多いようです。質はカラフルかつ繊細で、青田の渋い色調とは対照的です。また昌化は鶏血が有名です。
また、作鈕は重要な鑑賞の要素です。
寿山では乾隆項に楊玉璇、周尚均等の名工を輩出し、田黄などの良材に優れた作品を残しています。
寿山と青田に分けられる古い作鈕ですがそれぞれの違いを言えば、寿山は繊細かつ緻密、青田は力強く素朴なスタイルが特徴です。



その他、所蔵品の修理・修復・表装等、所蔵品のケアにも専門のスタッフが対応させていただきます。
私どもは表装修理工房を持っております。状態の良くない作品を修理、修復してお客様に販売しております。
これからも私どもは美術品の価値を認識し、 再び大事に継承して行く事の橋渡し役を務めて参ります。

お客様本位をモットーとし、大切なお品物をより高く買取り出来ますよう尽力いたします。
お見積もり・出張料金は一切いただきません。ご用命、心よりお待ちいたしております。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG