中国美術:古陶磁

中国の陶磁器はさまざまな技術革新を重ね、三彩、白磁、青磁、青花、五彩などの華麗な器を作り出し、世界の陶磁界をリードしてきた。中国は世界に先駆けてガラス質の白いやきものである磁器を生み出した。中国磁器は中国の宮廷で用いられたのみならず、主要な貿易品の一つとして、アジア諸国、イスラム圏、ヨーロッパなどにも大量に輸出された。こうした中国磁器は、日本では茶の湯の道具に取り入れられ、イスラム圏やヨーロッパでは王侯貴族のコレクションに収まるなど、世界の陶磁器の発展に多大な影響を及ぼしてきた。

宋代の陶磁器
宋の時代は中国で青磁、白磁が生み出され、中国陶磁器の黄金時代と言われます。

明代の陶磁器
明代初期には中国と西方との交通が盛んになり、中国尾青花磁器は大量に国外へ輸出された。その結果外国市場の需要に応じた生産も盛んに行われました。

清代の陶磁器 ①
清時代(1616-1912)の陶磁は、中国陶磁史の到達点・総決算と称されます。

清代の陶磁器 ②

清代の陶磁器 ③
粉彩磁器、薄胎磁器、古月軒磁器を紹介します。

 

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG