洋画家:福沢一郎(ふくざわ いちろう)

1898年1月18日 – 1992年10月16日
群馬県北甘楽郡富岡町出身。洋画家。
1918年、東京帝国大学文学部入学するものの、彫刻家朝倉文夫に入門し、彫刻を学ぶ。
帝展に初入選するが、1924年渡仏後、キリコ、エルンストなどのシュルレアリズムに影響を受け絵画に転向する。
1939年、美術文化協会を結成。戦前の前衛美術運動に大きな影響を与えた。
戦後は原色を用いた力強く骨太なラインが特徴の、鮮烈な画風を確立し、宗教的なテーマに取り組んだ。
1978年、文化功労者。
1991年、文化勲章を受章。

洋画家、福沢一郎(ふくざわ いちろう)
>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG