洋画家:五姓田芳栁(ごせだ ほうりゅう)

1827年2月26日 – 1892年2月1日
江戸赤坂出身の洋画家、浮世絵師。
歌川国芳に師事し浮世絵を学ぶ。
後、樋口探月に師事し、狩野派の画法を学ぶ。
1852年、洋風画を模して暈影法を用いる新派を開く。
養子縁組を繰り返し、五度姓を変えたことから、五姓田姓を名乗る。
1870年、横浜に移住し外国の水兵の土産用に横浜絵販売の工房を構える。
1873年浅草に工房を移し、ジオラマを創始し、肖像画を制作。
同年、宮内省の依頼により明治天皇の御影を描く。
1877年、西南戦争で大阪臨時軍事病院に出張を命じられ、多くの負傷者を写生する。
同年、内国勧業博覧会に於いて、鳳紋賞牌を受賞。
1882年、肖像画の注文を請け負う光彩社を設立。
独学で技法を修得して,日本画と洋画を折衷した独自の画風を生みだした。

洋画家、五姓田芳栁(ごせだ ほうりゅう)

私たち夏樹美術は五姓田芳栁(ごせだ ほうりゅう)の絵画、書、書簡等を 探しております。

私ども専門家が正しく鑑定し、お客様に納得していただいて、 買い入れさせていただきます。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG