日本画家:東山魁夷(ひがしやま かいい)

1908年7月8日 – 1999年5月6日
横浜市出身の日本画家、著述家。
東京美術学校日本画科へ進学し、結城素明に師事。
1929年、第10回帝展に初出品し、初入選。
卒業後、ドイツのベルリン大学に留学。
戦後、千葉県市川市に居を移す。
1947年、第3回日展で「残照」が特選となる。
1960年に東宮御所、1968年に皇居宮殿の障壁画を担当。
1970年代には約10年の歳月をかけ、奈良・唐招提寺御影堂障壁画「黄山暁雲」を制作。
1969年、文化勲章・文化功労者。
写実を基にした幻想と装飾性に富む静謐な画風で、風景を題材に独自の表現を追求した。
昭和を代表する日本画家の一人といわれる。

日本画家、東山魁夷(ひがしやま かいい)
>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG