日本画家:伊藤晴雨(いとう せいう)

1882年3月3日-1961年1月28日
東京都浅草出身の日本画家、責め絵、幽霊画を得意とする。
8歳で琳派の絵師、野沢提雨に師事。
看板絵描きの後、新聞社に勤め挿絵、演劇評を担当。
関東大震災後は精力的に江戸の風俗を書き記し、「いろは引・江戸と東京風俗野史」を著す。
東京大空襲で家財一切を焼失し、その後はほとんど出版活動は行なわれていない。
挿絵画家としての長年の功績に対し出版美術連盟賞を受賞した。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ito_seiu.jpg です

私たち夏樹美術は伊藤晴雨(いとう せいう)の絵画、書、書簡等を 探しております。

私ども専門家が正しく鑑定し、お客様に納得していただいて、 買い入れさせていただきます。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG