洋画家:岸田劉生(きしだ りゅうせい)

1891年6月23日 – 1929年12月20日
東京出身の洋画家。
白馬会葵橋洋画研究所に入り黒田清輝に師事。
1911年、「白樺」主催の美術展を通じバーナード・リーチと知り合い、周辺の文化人とも親交を深める。
1912年、高村光太郎・萬鉄五郎・斎藤与里・清宮彬・木村荘八らとともにヒュウザン会を結成。
作風はポスト印象派から写実派へと移行していく。
1918年、娘の麗子をモデルとした最初の作品「麗子五歳之像」が完成。
1923年、関東大震災で被災し、京都に転居。後に鎌倉に居住する。
無骨な写実的描写による独自の絵画様式を確立した。 

私たち夏樹美術は岸田劉生(きしだ りゅうせい)の絵画、書、書簡等を 探しております。

私ども専門家が正しく鑑定し、お客様に納得していただいて、 買い入れさせていただきます。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG