洋画家:小磯良平(こいそ りょうへい)

1903年7月25日 – 1988年12月16日
神戸市出身。洋画家。
東京美術学校西洋画科に進み藤島武二に師事。
1928年に渡仏。パリのグラン・ショーミエールに学ぶ。
1929年、サロン・ドートンヌ入選。
戦後は東京芸術大学教授などを務め、後進の指導にあたる。
親しみやすい女性像を中心としながら、正確なデッサンと理智的な画面構成による洗練の描写は、西洋絵画の伝統の中に、市民的でモダンな感覚と気品あふれる画風を確立。
長きにわたり日本の洋画界に大きく貢献した。
東京芸術大学名誉教授。
1940年、朝日文化賞受賞。
1942年、第1回 芸術院賞受賞。
1979年、文化功労者。
1983年、文化勲章受章。

洋画家、小磯良平(こいそ りょうへい)
>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG