洋画家:小絲源太郎(こいと げんたろう)

1887年7月13日 – 1978年2月6日
東京都台東区出身。洋画家。
東京美術学校金工科卒業、西洋画科中退。在学中の1910年に文展に入選。
以後、官設展、日展を発表の場とする。
1965年、文化勲章受章。文化功労者となる。
明治末期には、印象派風の作風、大正末機構は細密な写実描写、戦後は力強く骨太なタッチが特徴の独自の画風を確立した。

洋画家、小絲源太郎(こいと げんたろう)
>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG