版画(板画)家:棟方志功(むなかた しこう)

1903年9月5日 – 1975年9月13日
青森県青森市出身。版画(板画)家。
20世紀美術を代表する世界的巨匠の一人である。
1936年に国画展に出品した「大和し美し」が日本民芸館に買上げられたことを契機として柳宗悦、河井寛次郎ら民芸運動の人々と交流し、自身の芸術に多大な影響を及ぼす。
1956年:ヴェネツィア・ビエンナーレに於いて、日本人として版画部門で初の国際版画大賞を受賞する。
1969年:青森市から名誉市民賞を授与。
1970年:文化勲章受章。
版画の他にも、油絵、倭画、書、詩歌などに多くの傑作を残す。

版画(板画)家、棟方志功(むなかた しこう)
>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG