洋画家:坂本繁二郎(さかもと はんじろう)

1882年3月2日 – 1969年7月14日
福岡県久留米市出身。洋画家。
1902年、高等小学校時代の同級生である青木繁とともに上京し、小山正太郎の画塾である不同舎に入門する。
文展、二科会展を活躍の場とする。
1921年から渡仏。パリのアカデミー・コラロッシでシャルル・ゲランに師事。
1954年、毎日美術賞受賞。
1956年、文化勲章受章。
戦前は牛や馬を好んで描いたが、戦後は静物や能面などを主要なモチーフとし、精神主義的な性格を色濃くする、幽玄な趣きをもつ個性的な作風を樹立した。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG