日本画家:杉山 寧(すぎやま やすし)

1909年10月20日 – 1993年10月20日
東京都台東区出身の日本画家。
1928年、東京美術学校入学。
山本丘人高山辰雄らと「瑠爽画社」を結成。
1931年、美校日本画科卒、結城素明に師事。
1934年、第1回日独交換留学生に選ばれベルリン大学に学ぶ。
1950年、日展審査員。
1957年、日本芸術院賞受賞。
1958年、日展評議員。
1970年、日本芸術院会員。
1974年、文化功労者、文化勲章受章。
1969年、日展常務理事。
1974年に日展理事長に就任。
1976年、西ドイツより大功労十字勲章受章。
1977年、東京国立近代美術館評議員。
1991年、東京都名誉都民になる。
日本画の技法を極めた技巧で知られたが、戦後は岩絵具を用いながらも線描などの日本画の技法を一新し、緻密な写実的表現に伝統的日本画の装飾性を加え、独自の作風を確立した。

日本画家、杉山 寧(すぎやま やすし)日本画家、杉山 寧(すぎやま やすし)
>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG