日本画家:山口華楊(やまぐち かよう)

1899年10月3日 – 1984年3月16日
京都府出身の日本画家。
小山正太郎の不同舎に学ぶ。
1912年、西村五雲に師事。
1919年、京都市立絵画専門学校卒業。
1938年、画塾「晨鳥社」を主宰。
1951年、京都日本画家協会理事長となる。
1956年、日本芸術院賞受賞。
1958年、日展評議員となる。
1969年、日展理事となる。
1971年、京都市文化功労者。日本芸術院会員。
1973年、勲三等瑞宝章受章。
1975年、 日展顧問となる。
1980年、文化功労者。
1981年、文化勲章受章。
円山・四条派の写生の伝統技法に、絵画専門学校で学んだ近代西洋画や革新的な日本画の知識を取り入れ、独自の花鳥画の世界を確立した。 

日本画家、山口華楊(やまぐち かよう)
>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG