洋画家:安井曾太郎(やすい そうたろう)

1888年5月17日 – 1955年12月14日
京都府中京区出身。洋画家。
聖護院洋画研究所に入所し、浅井忠、鹿子木孟郎らに師事。
同時期には梅原龍三郎もいた。
1907年渡欧。パリのアカデミー・ジュリアンに通う。ジャン=ポール・ローランに師事。セザンヌの画風にも影響を受ける。
1944年、帝室技芸員、東京美術学校(現:東京芸術大学)教授となる。
1949年、日本美術家連盟初代会長。
梅原龍三郎とともに洋画界の双璧と称された。
1952、文化勲章受章。死後翌年の1956年、毎日美術賞受賞。
セザンヌの絵画理論と、装飾的な画面構成を重視する日本の伝統的美意識を融和させた独自のリアリズム表現を追及。優れた肖像画で知られている。 

洋画家、安井曾太郎(やすい そうたろう)
>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG