書画・掛け軸:保多孝三/ほた こうぞう(孝三)

1908-1985。
東京生まれ。
説文会メンバーであった父虚舟の影響で幼児より書に親しみ、のち独学で篆刻を始めた。
國學院大學時代の篆刻作品「喫茶去」が、西川寧氏に認められるところとなり、以後益を受けることになる。
また篆刻家・山田正平、画家・中川一政両氏を師と仰ぎ、日展評議員・審査員、毎日展会員・審査員、國學院大學教授などをつとめた。

私たち夏樹美術は、保多孝三/ほた こうぞう(孝三)の書、書簡、書画、掛け軸、書跡(書蹟)等を 探しております。

お客様本位をモットーとし、大切なお品物をより高く買取り出来ますよう尽力いたします。
お見積もり・出張料金は一切いただきません。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

 

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG