書画・掛け軸:木戸松菊(きど しょうきく)- 木戸孝允 – 桂 小五郎

1833年8月11日-1877年5月26日
日本の武士(長州藩士)、政治家。
西郷隆盛、大久保利通と並んで「維新の三傑」と称される。
初め桂小五郎、後に木戸貫治ついで準一郎、孝允と改名。号は松菊。
吉田松陰の門下。
文明開化推進の一方、版籍奉還や廃藩置県など封建的制度の解体に務め、薩長土肥四巨頭による参議内閣制を整えた。
兵学、造船術から果ては英語まで、時代の先端を貪欲に吸収していた。

木戸松菊/きど しょうきく- 木戸孝允 – 桂 小五郎(松菊)の書、書簡、書画、掛け軸、書跡(書蹟)等を 探しております。
私ども専門家が正しく鑑定し、お客様に納得していただいて、 買い入れさせていただきます。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG