書画・掛け軸:棟方志功/むなかた しこう

1903年9月5日 – 1975年9月13日
青森県出身。板画家。
家業のかじ屋を手伝いながら独学で絵画を学ぶ。
1928年、第9回帝展入選。
川上澄生らの影響で版画に親しむ。
1936年、国画展に「大和し美し」を出品したことがきっかけで、大作を次々と制作する。
1956年、ヴェネツィア・ビエンナーレで日本人初の国際版画大賞を受賞。
朝日文化賞。毎日芸術大賞受章。
1970年、文化勲章を受章。
版画を「板画」と称し、木版の特徴を生かした作品を作り続けた。
20世紀の美術界を代表する世界的巨匠である。

私たち夏樹美術は、棟方志功/むなかた しこう の書、書簡、書画、掛け軸、書跡(書蹟)等を 探しております。

お客様本位をモットーとし、大切なお品物をより高く買取り出来ますよう尽力いたします。
お見積もり・出張料金は一切いただきません。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG