書画・掛け軸:成島柳北/なるしま りゅうほく(柳北・確堂)

1837-1884。
名は惟弘(これひろ)。字(あざな)は保民。通称は甲子太郎。
別号に確堂、何有仙史。
幕末-明治時代の儒者、新聞人。

成島筑山(ちくざん)の3男。幕臣。奥儒者。
のち騎兵頭、外国奉行、会計副総裁。
維新後は朝野新聞社長として新時代を風刺、批判し政府の言論弾圧とたたかった。
著作に「柳橋新誌」。

私たち夏樹美術は、成島柳北/なるしま りゅうほく(柳北・確堂)の書、書簡、書画、掛け軸、書跡(書蹟)等を 探しております。

お客様本位をモットーとし、大切なお品物をより高く買取り出来ますよう尽力いたします。
お見積もり・出張料金は一切いただきません。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG