書画・掛け軸:夏目漱石/なつめ そうせき(漱石)

1867-1916。
明治-大正時代の小説家、英文学者。
本名は金之助。

松山中学、第五高等学校で英語教師をつとめ、明治33年文部省留学生としてイギリスに留学。
36年母校東京帝大の講師となり「文学論」「十八世紀英文学論」を講じる。
38年「ホトトギス」に発表した「吾輩は猫である」が好評を得、40年東京朝日新聞社に専属作家としてむかえられ、近代日本の知識人の自我をめぐる葛藤をえがいた作品をあらわす。
正岡子規とまじわり、俳句や漢詩にしたしむ。
門下には寺田寅彦、森田草平ら多数。作品に「坊つちやん」「草枕」「虞美人草」「三四郎」「それから」「門」「こゝろ」「明暗」など。

よろしければ夏樹通信のコーナーの参考記事も御覧ください。
夏樹通信:夏目漱石と文京区
夏樹通信:夏目漱石と文京区 2

私たち夏樹美術は、夏目漱石/なつめ そうせき(漱石)の書、書簡、書画、掛け軸、書跡(書蹟)等を 探しております。

お客様本位をモットーとし、大切なお品物をより高く買取り出来ますよう尽力いたします。
お見積もり・出張料金は一切いただきません。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG