書画・掛け軸:志賀直哉(しが なおや)

宮城県石巻市出身。小説家。
学習院初等科~高等科を経て、東京帝国大学文学部英文学科入学。
内村鑑三に師事。
学習院時代からの友人である武者小路実篤や、有島生馬らと共に雑誌「白樺」を創刊。
白樺派を代表する小説家。
多くの知識・文化人と交流があり、彼に師事した作家も多い。
代表作品:「暗夜行路」「和解」「小僧の神様」「灰色の月」等。
文化勲章受章。

志賀直哉/しが なおや(直哉)の書、書簡、書画、掛け軸、書跡(書蹟)等を 探しております。
私ども専門家が正しく鑑定し、お客様に納得していただいて、 買い入れさせていただきます。

志賀直哉(しが なおや)
>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG