陶芸家:大樋 長左衛門 (おおひ ちょうざえもん)

大樋焼(おおひやき)は、1666年(寛文六年)加賀藩主五代・前田綱紀侯が、京都より仙叟宗室(裏千家四代)を茶道普及の為に金沢へ招いたことにはじまりまった。
その際、初代・長左衛門が京都より同行し、金沢郊外・大樋村(現大樋町)などの粘土によって、茶碗などを制作したことで大樋焼と称されるようになった。
初代・長次郎から16代続く楽焼唯一の脇窯として350年以上継承されている。
現在は第十一代。

加賀・能登・金沢 食と工芸展」開催!工芸14店と食23店の計37店が出店 ...

私たち夏樹美術は、大樋 長左衛門 (おおひ ちょうざえもん)の茶器等、陶磁器を 探しております。

お客様本位をモットーとし、大切なお品物をより高く買取り出来ますよう尽力いたします。
お見積もり・出張料金は一切いただきません。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

 

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG