書道家 東山一郎先生の書

私はある女流書家に出会いました。
彼女は末期ガンと宣告され、身辺整理もすでに終えたそうです。
私たち夏樹美術にお電話されたのは、一番大切にお持ちになった尊敬する書道家、東山一郎先生の作品についてのことでした。

お話を伺いますと、近々入院されるので、先生の書を好きな方に譲ってほしいと頼まれましたが、私たちも相場がわからず、話し合いの結果、夏樹美術が作品をお預かりすることに致しました。

この「逸品紹介」を通じて東山先生の作品を大切にしていただける方に出会えたら彼女も安心できると思います。

私たちは美術品を通じて幸福、失望、悩みなど様々な人々に遭遇します。
しかし私たちは仕事抜きにして人と人の繋がりも大切だと思っております。
東山一郎先生ゆかりの方もしくはご興味ある方、ぜひご連絡をお待ちいたしております。

書道家 東山一郎先生の書

持統天皇の万葉歌
読み:春過ぎて 夏来たるらし しろたへの 衣干したり 天の香具山
美品 共箱 「東山一郎書作展」(平成20年)に掲載作品と本紙の色が違いますが、内容は同じです。
本紙寸法:30×59センチ 全体寸法:42×143センチ

書道家 東山一郎先生の書

山部赤人の万葉歌
読み:田子の浦ゆ うちいで見れば ましろにそ 富士の高嶺に雪はふりける
美品 共箱 「東山一郎書作展」(平成20年)に掲載作品
第67回謙慎書道会展(2005年)出品作
本紙寸法:48×25センチ 全体寸法:60×110センチ

書道家 東山一郎先生の書
書道家 東山一郎先生の書

山部赤人の万葉歌
色紙 共タトー

書道家 東山一郎先生の書

富士
色紙 共タトー

書道家東山一郎先生は大東文化大学書道学科の創設に尽力され、日展評議員、読売書法会理事、謙慎書道会常務理事など歴任し、皇太子殿下への書道御進講を20年間担当されました。
著書:
「かな古典の学び方・針切」(二玄社)
「読売書法講座かな(大字)」(読売新聞社)
「美しい「かな」を書きたいあなたへ」(講談社)

(夏樹美術スタッフ N)

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG