北宋の宮廷美術

北宋の後期になると宮廷画院に優れた宮廷画家が出てきた。
彼らを管理、管轄し、宮廷画院のすべての決定権を持っていたのは徽宗皇帝で、本人も趙佶という名で活躍した優秀な書画家であった。

徽宗皇帝の時代には宮廷画院に入るためには厳しい試験に合格しなければならなかったが、その結果当時の宮廷画院の職業画家たちは水準が高く、またその人数も多かった。

その中でも山水画では燕文貴の「渓山楼閣図」や郭熙の「早春図」、王詵の「烟江畳嶂図」、趙令穣の「秋塘図」は有名である。

燕文貴 渓山楼閣図
郭熙 早春図
王詵 烟江畳嶂図
趙令穣 秋塘図

北宋は花鳥画も高度に発展した時代であった。徽宗皇帝は為政者としての評価は著しく低いが、自身は趙佶という名で工筆花鳥画に長じ、この時代最高の画家のひとりとなっている。
「蝋梅山禽図」、「瑞鶴図」などが代表作である。 
また、「大観茶論」において中国茶道に、ひいては日本の茶道に大きな影響を与えたと言える。それゆえに現代の茶道界においても徽宗皇帝の書画は人気が高い。

趙佶 蝋梅山禽図
趙佶 瑞鶴図

宮廷画家としては趙昌の「写生蛺蝶図」や易元吉の「聚猿図」、崔白の「双喜図」なども有名である。

趙昌 写生蛺蝶図

 

易元吉 聚猿図
崔白 双喜図


北宋後期に活躍した人物画家でも最も重要な画家は蘇漢臣が挙げられる。蘇漢臣の代表作は「冬日嬰戯図」である。

蘇漢臣 冬日永戯図

私たち夏樹美術は、中国 北宋 宮廷 書 掛け軸 絵画 骨董全般 をはじめ、
中国書家および画家の作品を探しております。

お客様本位をモットーとし、大切なお品物をより高く買取り出来ますよう尽力いたします。
お見積もり・出張料金は一切いただきません。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

 

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG