南宋の宮廷美術

徽宗皇帝政権は靖康の変で終わってしまったが、北宋後期の朝廷の画院出身の画家たちの大部分は絵画創作の最頂点の時期に南宋の画院に入った。
特に南宋初期から中期にかけては歴代に有名な画家が多数輩出された。

南宋初期の山水画は主に北宋後期の画家たちによって描かれていた。
趙伯駒、趙伯驌の兄弟は当時の画壇でも名声が高かった。
この二人にもまして知名度と影響力が優れていたのは李唐である。

 

趙伯駒 江山秋色図(部分)
趙伯驌 万松金闕図
李唐  萬壑松風図

南宋中期の山水画は主たる景物を画面の片側に寄せて描く、余白の美を求める様式が確立された。
この様式は馬遠、夏珪によって大成された。
劉松年は李唐画派の画家で、初期から中期にかけてつかえていた。
のちに李唐、馬遠、夏珪、劉松年は「南宋四大家」と呼ばれる。

 

夏珪 渓山清遠図
劉松年 四景山水図
馬遠 踏歌図

南宋初期の花鳥画は朝廷の社会的安定や発展とともに北宋の伝統が持たれた状態で装飾性の豊かなスタイルへと成長した。 
この時代に李安忠、李迪、林椿、李端、毛益などが、後期に入ると魯宗貴、張仲、王華、徐道広などの優れた画家たちが輩出された。
この時代の花鳥画は現存数も多く質も高い。

 

李安忠 竹鳩
李迪 紅白芙蓉図

 

林椿 果熟來禽図
魯宗貴 吉祥多子図

 

前期の南宋の人物画家はそのほとんどが北宋から来た者たちで、全体の画風は北宋をそのまま継続した。閻次平、李嵩、陳居中、馬和之、などが活躍した。

 

閻次平 秋野牧牛図
李嵩 貨郎図(部分)
馬和之 詩経図(部分)

中期以降になると社会的不安から禅画が流行し、宮廷画院にも影響を与えた。
梁楷などがその代表である。
また、馬麟による宮廷美人と宮廷士大夫の生活や牟益による白描画の画法で描かれた人物画もこの時代である。

 

梁楷 溌墨仙人図
馬麟 秉燭夜遊図
牟益 搗衣図(部分)

 

 

私たち夏樹美術は、中国 南宋 宮廷 書画 掛け軸 絵画 骨董全般 をはじめ、
中国書家および画家の作品を探しております。

お客様本位をモットーとし、大切なお品物をより高く買取り出来ますよう尽力いたします。
お見積もり・出張料金は一切いただきません。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

 

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG