中国人書画家:趙之謙(ちょう しけん)

1829年-1884年
浙江省紹興出身。
清末の書家、画家、篆刻家。
字は益甫または撝叔、号は冷君、悲盦、梅庵、无悶、憨寮等。
近代芸術家の呉昌碩斉白石をはじめ後世に大きな影響を与えた。
10代で文人画を学び始め、徐渭や陳淳石濤李鱓らに師法して独自の画風を確立。
書は金石学から書の古法を得た。篆書・隷書に優れさらに草書法を加えることで、斬新な書を作り上げた。
水墨画は、伝統を踏まえ画と書を一体と見做した。
篆刻は、浙派の丁敬・黄易・蒋仁・陳鴻寿、徽派の鄧石如・巴慰祖・胡唐と両派の区別なく優れたところを学び、篆刻芸術に新様式を樹立した。 一派は新浙派(趙派)と呼ばれた。

 

私たち夏樹美術は、趙之謙(ちょう しけん)作品をはじめ、
中国書家および画家の作品を探しております。

お客様本位をモットーとし、大切なお品物をより高く買取り出来ますよう尽力いたします。
お見積もり・出張料金は一切いただきません。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG