中国人書家:何 紹基(か しょうき)

1799年-1873年
湖南省道州出身。
書家。字は子貞。号は東洲、猨叟など。
道光期における北派の第一人者。
若い時に阮元・程恩沢の門下生となる。
1836年に進士となり、翰林院編修や文淵閣校理等の職を歴任。1852年に四川学政となったが誹謗を受けて解任された。その後は済南や長沙の書院で主講を務めた。
諸書を収集し、書では顔真卿を基礎として篆書と隷書の風格を併せもった書風を確立した。また篆刻も多く残されている。


私たち夏樹美術は、何 紹基(か しょうき)作品をはじめ、
中国書家および画家の作品を探しております。

お客様本位をモットーとし、大切なお品物をより高く買取り出来ますよう尽力いたします。
お見積もり・出張料金は一切いただきません。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG