日本画家:福田平八郎(ふくだ へいはちろう)

1892年2月28日 – 1974年3月22日
大分県大分市出身。日本画家。
1919年、第一回帝展に入選。
京都市立絵画専門学校の教授に就任し、後進の育成に当たる。
帝展に出品していた時代は、厳しいほどの写実と大胆な構成を示す。
1930年、中村岳陵、山口蓬春らと「六潮会」に参加するが、病により郷里の大分に戻る。
その中で、明快な色彩、自由な発想の自身の新しい画風を構築し始める。
戦後は、明瞭な構図、おおらかな色彩の画風を開花させた。
1961年、文化勲章受章、文化功労者。

日本画家、福田平八郎(ふくだ へいはちろう)

私たち夏樹美術は福田平八郎(ふくだ へいはちろう)の絵画、書、書簡等を 探しております。

私ども専門家が正しく鑑定し、お客様に納得していただいて、 買い入れさせていただきます。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG