日本画家:鏑木清方(かぶらき きよかた)

1878年8月31日 – 1972年3月2日
東京都神田出身。日本画家。
14歳で、歌川玄冶店派の浮世絵師水野年方に入門。
やまと新聞を皮切りに、多くの新聞・雑誌の挿絵を手がける。
1901年、烏合会を結成し、本格的な近代美人画の制作を始める。
浮世絵の美を基にした画風に見えるが、モチーフの心理まで描ききるような描写力には高い技術と芸術性が見られる。
近代日本の美人画家として上村松園伊東深水と並び称せられる。
1954年、文化勲章を受章。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG