日本画家:上村松園(うえむら しょうえん)

1875年4月23日 – 1949年8月27日
京都市下京区出身。日本画家。
本名は上村 津禰(うえむら つね)。
1887年京都府画学校に入学、四条派の鈴木松年に師事。
翌年の松年の辞職に伴い同校を退学。松年塾に通い松園を名乗る。
1893年幸野楳嶺に師事するが、四条派の中でも異質な師の作風にとまどい苦悩する。
その後楳嶺の死去にともない、竹内栖鳳に師事。
第8回日本絵画協会、日本美術院連合絵画共進会(花ざかり)が出世作となる。
大正期には優艶な美人画「娘深雪」を発表。
その後異色作「焔(ほのお)」の頃にスランプに陥るが、それを乗り越え昭和期に完成度の高い美人画「序の舞」を発表。高い品格の孤高の芸術を確立させた。
1948年女性として初の文化勲章を受章。
女性の目を通して「美人画」を描いた。 上村松篁(うえむら しょうこう)は息子。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は uemura_shoen.jpg です

私たち夏樹美術は上村松園(うえむら しょうえん)の絵画、書、書簡等を 探しております。

私ども専門家が正しく鑑定し、お客様に納得していただいて、 買い入れさせていただきます。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG