日本画家:竹内栖鳳(たけうち せいほう)

1864年12月20日 – 1942年8月23日
京都出身。日本画家。号は棲鳳。
近代日本画の先駆者で、戦前の京都画壇を代表する大家。
四条派の幸野楳嶺(こうのばいれい)に学び、「楳嶺四天王」の筆頭と呼ばれる。
1900年にはパリ万博視察のために渡欧した際、最新の西洋美術に触れ、その手法をも積極的に取り入れ、日本画と融合すべく模索した。
後進の育成にも力を注ぎ、多くの優れた作家を輩出した。
1937年:横山大観と共に第1回文化勲章受章。
「東の大観、西の栖鳳」と称された。

 

日本画家、竹内栖鳳(たけうち せいほう)

よろしければ夏樹通信のコーナーの参考記事も御覧ください。
夏樹通信:竹内栖鳳(たけうち せいほう)展を観に行ってきました


私たち夏樹美術は竹内栖鳳(たけうち せいほう)の絵画、書、書簡等を 探しております。

私ども専門家が正しく鑑定し、お客様に納得していただいて、 買い入れさせていただきます。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG