日本画家:横山大観(よこやま たいかん)

1868年11月2日 – 1958年2月26日
茨城県水戸市出身の日本画家。
近代日本画壇の巨匠。
1889年、東京美術学校に第1期生として入学。
岡倉天心、橋本雅邦らに師事。
卒業後、京都に移り仏画の研究を始めると共に、京都市立美術工芸学校予備科教員となるが、この頃より雅号「大観」を使い始める。
1896年より母校の東京美術学校、助教授に就任。
西洋画の画法を取り入れた新たな画風の研究を重ね、線描を大胆に抑えた没線描法の絵画(朦朧体と言われる画風)を次々に発表する。
1937年、第1回文化勲章受章。
作品は画風やその価値から、贋作も多く存在する。

日本画家、横山大観(よこやま たいかん)

よろしければ夏樹通信のコーナーの参考記事も御覧ください。
夏樹通信:東京都台東区池之端 横山大観記念館
夏樹通信:生誕150年 横山大観展



私たち夏樹美術は横山大観(よこやま たいかん)の絵画、書、書簡等を 探しております。

私ども専門家が正しく鑑定し、お客様に納得していただいて、 買い入れさせていただきます。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG