日本画家:菊池芳文(きくち ほうぶん)

1862年11月8日 – 1918年1月18日
大坂出身の日本画家。
滋野芳園、幸野楳嶺に師事。
1882年、第1回内国絵画共進会展に出品・銅賞受賞後、京都画壇・四条派の正統を受け継ぐ画家としてスタートを切る。 竹内栖鳳、都路華香、谷口香嶠とともに「楳嶺門下の四天王」と称される。
1903年出品の「春の夕・霧の朝」によって「花鳥画の芳文」との評価を得る。
1909年、京都市立絵画専門学校の創立に尽力し、教授に就任。
1913年、芳文が原画を描いた、オランダ・ハーグ平和宮の綴織壁掛が完成。
近代的な構図や色彩を取り入れた花鳥画で知られ、特に桜の絵を多く描いた。

 

私たち夏樹美術は菊池芳文(きくち ほうぶん)の絵画、書、書簡等を 探しております。

私ども専門家が正しく鑑定し、お客様に納得していただいて、 買い入れさせていただきます。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG