日本画家:小林古径(こばやし こけい)

1883年2月11日 – 1957年4月3日
新潟県高田出身。日本画家。
1899年、上京し梶田半古に入門。
39歳の1922年より前田青邨と共に日本美術院の留学生として渡欧。
東洋画の伝統の高さに対する認識を深め、線描の技術を高める。
その後、独自の新古典主義的画風を追及していく。
1935年帝国美術院会員。
1944年東京美術学校教授に就任。
1950年文化勲章受章。
「髪」は、裸体画として、日本で初めて切手のデザインとなった。
華麗な画面の中にも厳格な「線」を追求し、結実している。

日本画家、小林古径(こばやし こけい)日本画家、小林古径(こばやし こけい)
>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG