日本画家:前田青邨(まえだ せいそん)

1885年1月27日 – 1977年10月27日
岐阜県恵那郡中津川村出身。日本画家。
1901年に上京し、尾崎紅葉の紹介により梶田半古の塾に入り、塾頭の小林古径に兄事する。
晩年には、法隆寺金堂壁画の再現模写や高松塚古墳壁画の模写事業の総監督等、文化財保護事業に携わる。
歴史画を得意とし、大和絵の伝統を軸に肖像画や花鳥画にも幅広く作域を示した。
その中でも、武者絵における鎧兜の精密な描写は、ことに有名であり、豊かな色彩と自在な線描は他の追随を許さない。
「洞窟の頼朝」は2010年に重要文化財に指定された。
1930年「洞窟の頼朝」で第1回朝日賞受賞。
1955年、文化勲章受章、文化功労者。
1956年、日本美術家連盟会長に就任。
1957年、川合玉堂の後を継ぎ香淳皇后の絵の指導役となる。
1962年、東京芸大名誉教授。
1967年、法隆寺金堂壁画再現事業総監修に安田靫彦と共に就任。
1973年、高松塚古墳壁画模写事業総監修者。

日本画家、前田青邨(まえだ せいそん)
>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG