日本画家:安田靫彦(やすだ ゆきひこ)

1884年2月16日 – 1978年4月29日
東京日本橋出身。日本画家。
前田青邨と並ぶ歴史画の大家。
良寛の書の研究家としても有名。
1898年より小堀鞆音に師事、大和絵を学び靫彦と号する。
前田青邨、磯田長秋らと共に紫紅会を結成。後、今村紫紅も参加し紅児会と改称する。
岡倉天心に認められ、1907年に日本美術院に招かれた。
1944年東京美術学校教授。
1948年に文化勲章を受章。
1958年日本美術院の初代理事。
1965年東京芸術大学名誉教授。
東京国立博物館評議員会評議員、文化財審議会専門委員、国立近代美術館設立準備員を歴任。
文化財保護での尽力も大きい。
門下に小倉遊亀森田曠平、益井三重子、岩橋英遠らがいる。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG