日本画家:今村紫紅(いまむら しこう)

1880年12月16日-1916年2月28日
神奈川県横浜市出身の日本画家。
1897年、松本楓湖に師事。
1898年、日本美術協会展で初入選。
1900年、安田靫彦らの紫紅会に入会(後に紅児会)。
1907年、日本美術院研究所にて、岡倉天心に師事。
1911年より原三渓の援助を受け、日本や中国の古美術鑑賞を行い、明清画や富岡鉄斎を研究する。
歴史画の分野で革新的な日本画表現を追求していくが、1912年、第6回文展に出品した「近江八景」で二等賞を受賞。
これにより近代日本画の風景表現に新境地を開く。

私たち夏樹美術は今村紫紅(いまむら しこう)の絵画、書、書簡等を 探しております。

私ども専門家が正しく鑑定し、お客様に納得していただいて、 買い入れさせていただきます。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

 

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG