日本画家:松林桂月(まつばやし けいげつ)

1876年8月18日 – 1963年5月22日
山口県萩市出身。日本画家。
野口幽谷に師事し、南宗画を学ぶ。
最後の文人画家とも評され、中国の明の画家である惲 南田(惲 寿平/うん じゅへい)風の花鳥画から出発し、渡辺崋山ら崋椿系の流れをくむ南画を基礎にしたリアリズムの流行を十分に取り込みながら、素養に裏付けされた品格が高く強さを持った作風を特徴とする。
日本南宗画会、日本画会の育成にも尽力した。
詩才にも優れた。
妻の松林雪貞(せってい)も日本画家である。
1947年、日中文化協会理事。
1948年、日本美術協会理事。
1949年、日展運営委員会常任理事。
1958年、文化勲章受章、文化功労者。

日本画家、松林桂月(まつばやし けいげつ)
>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG