日本画家:村上華岳(むらかみ かがく)

1888年7月3日 – 1939年11月11日
大阪出身の日本画家。
1903年、京都市立美術工芸学校入学。
1909年、京都市立絵画専門学校入学。
1916年、仏画である「阿弥陀之図」が文展特選となる。
1918年、同窓の土田麦僊、榊原紫峰、小野竹喬、野長瀬晩花と共に「国画創作協会」を設立。
仏教や山を題材に宗教的・瞑想的な雰囲気を湛えた精神性の高い近代的画風を創造した。

日本画家、村上華岳(むらかみ かがく)
>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG