洋画家:荻須高徳(おぎす たかのり)

1901年11月30日 – 1986年10月14日
愛知県稲沢市出身。洋画家。
1920年、上京し川端画学校で藤島武二に師事。
その後東京美術学校西洋画科に入学。 小磯良平は東京美術学校の同期生である。
1927年卒業後、渡仏。佐伯祐三とも親交が深かった。
1948年、日本人画家として戦後初めてフランス入国を許可され再び渡仏。
以後死去するまでパリで制作活動を行う。
サロン・ド・メ、サロン・ド・チュイルリー等が発表の場であった。
パリの街角を主なモチーフとし、明快なタッチの風景画を制作する。
日仏の美術交流にも尽力した。
1974年、メダイユ・ド・ヴェルメイユ受賞。
1981年、文化功労者。
1986年、文化勲章受章。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ogisu_takanori.jpg です

私たち夏樹美術は荻須高徳(おぎす たかのり)の絵画、書、書簡等を 探しております。

私ども専門家が正しく鑑定し、お客様に納得していただいて、 買い入れさせていただきます。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG