洋画家:岡鹿之助(おか しかのすけ)

1898年7月2日 – 1978年4月28日
東京都出身。洋画家。
旧制中学校在学中から岡田三郎助に師事。
東京美術学校西洋画科を卒業後渡仏。
藤田 嗣治(ふじた つぐはる)に師事。
ボナール、ザッキン、マルケらと親交。
1939年帰国。翌年春陽会会員となり以後同会を活動の軸とする。
点描風のタッチを特徴とし極めて装飾的な表現に見えるが、緊密な構図や丹念に書き込まれた質感が的確に対象物をとらえており、ある種のリアリズムを感じる独自の画風を確立した。
1952年、芸術選奨文部大臣賞受賞。
1957年、毎日美術賞受賞。
1964年、日本芸術院賞受賞。
1972年、文化勲章受章。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG