日本画家:横山 操(よこやま みさお)

1920年1月25日 – 1973年4月1日
新潟県西蒲原郡出身の日本画家。
1934年、洋画家を志し上京。
1939年、川端画学校日本画部の夜間部に入学。
1940年、川端龍子が中心の青龍社主催の第12回青龍展に入選。
1956年、初の個展を銀座で開催する。
1960年代、「赤富士」の連作により、有名画家となる。
1962年、青龍社を脱退。
1966年、多摩美術大学日本画科の教授に就任。
戦後の閉塞状況に陥った社会を写す時事的な画題と、独特の黒を基調とした荒々しい筆跡による、それまでの日本画のイメージを覆す強烈な表現が特徴。

日本画家、横山 操(よこやま みさお)
>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG