書画・掛け軸:原敬/はら たかし(敬・一山・逸山)

1856-1921
号は一山、逸山(いつざん)。

明治から大正の政治家。第19代内閣総理大臣。父は南部藩士。
外務省に入り、陸奥宗光外相の下で外務次官を務める。
退官後の明治33(1900)年に立憲政友会に入党し、衆議院議員に当選。第1次・第2次西園寺内閣などで内務大臣を務めた後、立憲政友会総裁となり、大正7(1918)年に衆議院に議席を持つ最初の総理大臣となった。
族籍が平民だったことから「平民宰相」と呼ばれ、国民の支持を集めた。
初の本格的政党内閣を成立させ、交通の整備、教育の拡張など積極政策を展開したが、大正10(1921)年、東京駅で暗殺された。

私たち夏樹美術は、原敬/はら たかし(敬・一山・逸山)の書、書簡、書画、掛け軸、書跡(書蹟)等を 探しております。

お客様本位をモットーとし、大切なお品物をより高く買取り出来ますよう尽力いたします。
お見積もり・出張料金は一切いただきません。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

 

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG