国立博物館「博物館でお花見を」

数日前に季節外れの雪が降り、桜も寒そうでした。昨日、買い取りの仕事が早く終わったので、東京国立博物館に行ってまいりました。
思わぬ「博物館でお花見を」をテーマにした展示に出会い、桜満開の「花見」ができ、うきうきの春気分になりました。

国立博物館「博物館でお花見を」

桜をモチーフにした陶磁器、漆工(蒔絵)、金工作品を先日この夏樹通信にたくさん掲載しましたので、今回掛け軸、扇子などをご紹介します。

国立博物館「博物館でお花見を」

円山応瑞 桜図扇面

国立博物館「博物館でお花見を」

左から 池 大雅「花開万国春」 一行書/飯島光峨「花下躍鯉」図/尾形乾山 桜に春草図

ほかに仏画や屏風にも満開の桜を見ることができます。

国立博物館「博物館でお花見を」

国立博物館「博物館でお花見を」

博物館内の庭園も特別開放です。葉桜の向こうに茶室が静かに佇んで、客を待ちます。
萌え色と若葉の緑、そして桜の淡い紅色を見ると、日本の春は誠に美しい。

国立博物館「博物館でお花見を」 国立博物館「博物館でお花見を」

東京国立博物館の桜にまつわる美術品を鑑賞しながら、日本人は心底から桜を愛してやまないことを実感しました。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG