特別公開 高御座と御帳台

初冬 晴れ晴れの日に、東京国立博物館に特別公開された高御座と御帳台を見に行ってきました。

「特別公開 高御座と御帳台」 入口の垂れ幕

華麗でありながら雅な高御座と御帳台を目の前に、その美しさに息をのむ程でした。

高御座と御帳台の写真
高御座と御帳台

朱塗り欄干と黒塗り基壇の周りは黄色地に色鮮やかな麒麟と鳳凰が描かれています。

基壇部の絵画
基壇部の絵画

紫の帳が垂れ下げ、螺鈿の御椅子が真ん中に置かれています。

高御座の写真
高御座

八角形の屋根全体が白玉と鍍金の金具で飾られています。
頂上に黄金色の飛び立つ姿の大きい鳳凰と一段下に八羽の小さい鳳凰が飾られています。
まるで新天皇が私たちに平和の世をお導きの姿に思いました。

高御座の大小九羽の鳳凰
高御座の鳳凰と飾り

御帳台は高御座よりやや小さいですが、宮内庁刊行の小冊子を読んでわかったのですが、頂上の飾りは鳳凰ではなく、鸞という瑞鳥だそうです。

御帳台の写真
御帳台
御帳台の上部の鸞と飾りの写真
御帳台の鸞と飾り

今回の展示は高御座と御帳台を一周して見ることが出来ます。
テレビでは映らない高御座と御帳台の後ろ側を見ながら、天皇皇后両陛下はここから昇られて、高御座と御帳台に入られましたと思いながら、幸せな気持ちになりました。

高御座と御帳台の後ろ姿の写真
高御座と御帳台の後ろ姿
高御座の後ろ側の写真
高御座の後ろ側
>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG