山水画 清末期~現代(京派 嶺南派)

西洋画法との競合を試みた画家たち

清末期以降は多くの画家が海外へ留学し、以降中国絵画に大きな影響を与えることになった。
当初は日本へ留学した画家が多かったがその後は欧州への留学と広がっていくことになる。
欧州に留学した画家の中には西洋の画法を取り込んだものも多くいた。
ここでは海外の美術に特に強い影響を受けた画家を紹介する。

京派

北京で活躍していた京派の画家の中にはイギリスで学んだ西洋画法を積極的に受容した金城や日本への留学で学んだことを生かして中国初の国立美術学校である国立国美術学校教授に就任した陳師曽など中国の伝統的な技法と海外の技法を融合させることに力を注いだ者たちもいた。

陳師曽 山水図
金城 秋山雨後図

嶺南派

主に広東地方を中心に活躍した画家の一派。多くの才能豊かな画家たちが頭角を表すにつれ、嶺南派の名声も瞬く間に高まった。
特に高剣父高奇峰陳樹人が盛名を馳せ、「嶺南三傑」と讃えられた。三人とも日本へ留学して日本画を学んだことがあり、日本画に見られる写生法と鮮麗な色使いを特に重んじた。
嶺南派の新しい画風が近代画壇に与えた影響は広州のみにとどまらず、香港やマカオ、台湾にまで及んだ。
いずれの地にも多くの後継者がおり、その勢いは現在も衰えていない。

高剣父 山水
高奇峰 独秀煙嵐図
陳樹人 秋江夕照

私たち夏樹美術は、清末期~現代(京派 嶺南派)掛け軸 絵画 の作品をはじめ、
中国書家および画家の作品を探しております。

お客様本位をモットーとし、大切なお品物をより高く買取り出来ますよう尽力いたします。
お見積もり・出張料金は一切いただきません。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG