中国美術:書

ここでは主に私たちが実際に掛け軸などで目にする機会の多い宋から清の近代の書、拓本について時代の観点から大別して説明します。

書:清朝の時代
康熙帝、雍正帝、乾隆帝の三代は隆盛期を迎え、帖学派が大成され、碑学派が主流となった時代です。実際に手に取り目にする機会も多いと思います。

 

書:明朝の時代
初期の頃の三宋二沈を始めとして受け継がれた書法が末期に向け大胆に革新されていく大きな流れを見ていきます。


書:北宋の時代
この時代は顔真卿や楊凝式を基盤とした独創的な書家が生まれました。
その代表が宋の三大家といわれる蘇軾・黄庭堅・米芾です。

金石学とは
金石学とは碑文研究の一種で、中国古代の金属器・石刻の上に刻まれた銘文(金文・石刻文)や画像を研究する学問のことをいいます。
欧州諸国においては碑文学ともいいます。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG