日本画家、森田恒友(もりた つねとも)

1881年4月9日 – 1933年4月8日
埼玉県幡羅郡出身の日本画家。
小山正太郎の不同舎に学ぶ。
1902年、東京美術学校入学。
青木繁や坂本繁二郎らと親交を持つ。
1907年、山本鼎、石井柏亭らと美術誌「方寸」を創刊。
第1回文展に入選。
1914年、ヨーロッパに渡る。
翌年帰国して二科会会員となる。
1916年、日本美術院洋画部の同人となる。
1922年、梅原龍三郎岸田劉生中川一政らと「春陽会」を設立。
洋画を基本にしながら、利根川添いの平野を題材に水墨画を多く描き、日本的情感を表現した。

日本画家、森田恒友(もりた つねとも)
>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG