日本画家:下村観山(しもむら かんざん)

1873年4月10日 – 1930年5月10日
和歌山県和歌山市出身の日本画家。
狩野芳崖に、その没後は橋本雅邦に師事。
東京美術学校第一期生。
1898年、岡倉天心と行動を共にし横山大観、菱田春草とともに日本美術院の創設に参加。
1906年、天心が日本美術院を茨城県北部の五浦へ移した際、大観、春草、木村武山とともに同地へ移住。
1917年、帝室技芸員となる。
大和絵、琳派、宋元画の手法を究め、その卓抜した筆技によって広く知られる。

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG