山水画 明

明以降は宮廷画家、職業画家、文人画家など、出身地も出自も画風も異なる多数の画家たちが活動した。
山水画の発展過程においては地域による画風の違いや特色が、大切な役割を担ったといえる。
蘇州の「呉派」が元四大家の画風を基礎として形成したのに対して、浙江と福建出身の画家からなる「浙派」は南宋画の典範を大胆なタッチの水墨画へと発展させた。

呉派


呉門派ともいう。沈周文徴明を祖とし、江南の蘇州を中心に活動した。

沈周
文徴明 金焦落照図

浙派

浙江と福建出身の画家からなる浙派は宮廷絵画の様式から脱却し、南宋画の典範
を水墨画へと発展させた。

実際には浙派に分類される画家たちは出身も画風もさまざまであり、呉派の文人画と一線を画すさまざまな画家を大雑把に分類したものが浙派であるといえる。
明中期を境に浙派は衰え、明後期は前述の呉派が全盛となり、明末には呉派に吸収されていった。
呉偉張路などが有名。

呉偉 寒山積雪
張路 溪山泛艇図

呉派、浙派以外の画家

沈周文徴明と並び明の四大画家と称されるのは、文徴明と同年生まれの唐寅と、一世代後の職業画家である仇英で、ともに蘇州で活動した。

唐寅 山路松声図
仇英 仙山楼閣

明末期 董其昌

明末期の董其昌は「南北二宗論」を唱えたことで著名である。
南宗画・北宗画という分類法は数百年後の今日まで中国絵画の見方を規定しているという点では現在においてもその影響力は大きいと言える。

董其昌 秋興八景図冊

私たち夏樹美術は、山水画 明代 掛け軸 絵画 の作品をはじめ、
中国書家および画家の作品を探しております。

お客様本位をモットーとし、大切なお品物をより高く買取り出来ますよう尽力いたします。
お見積もり・出張料金は一切いただきません。
フリーダイヤル 0120-980-043 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご用命、心よりお待ちいたしております。

 

>美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

美術品・中国美術品の買取りなら 夏樹美術

豊富な知識と豊かな経験を持つ専門家が査定いたします。
神田神保町にある美術品買い取り専門店夏樹美術

CTR IMG